リクルートマーケティングパートナーズが提供する進路情報メディア「スタディサプリ進路」は、朝日新聞社の協力を受け、全国の高校生向けに大学受験の志望理由書添削プログラムの提供を始めた。

 リクルートマーケティングパートナーズによると、添削プログラムは高校生がスタディサプリ進路の教材を活用して志望理由書を作成すると、文章のプロである朝日新聞社の記者、元記者が1枚ずつ添削して3週間程度で送り返す仕組み。利用は無料。

 生徒が自分自身の志望校に対する考えを整理でき、学習に対するモチベーションを上げられるほか、指導教員もこれまで志望理由書の添削にかけていた時間を入試対策や生徒と向き合うことに充てることができる。

 大学入試ではこれまで重視されてきた知識や技能に加え、「思考力、判断力、表現力」や「主体性、協働性、多様性」の学力の3要素が多面的に評価されるようになり、提出書類や小論文、面接試験で志望理由を問われることが多くなる見込み。志望理由書が大学受験で果たす役割は大きくなると予想されている。

参考:【リクルートマーケティングパートナーズ】進路情報メディア 『スタディサプリ進路』朝日新聞社と協働し『志望理由書添削プログラム』高校向けに提供開始

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。