日本英語検定協会は、「大学入試英語成績提供システム」に対応する、実用英語技能検定(英検)の新方式のうち、「英検CBT」と「英検2020 1day S-CBT」の2020年度の実施会場において、「テストセンター」を全国に設置することを決定した。

 今回、「英検CBT」と「英検2020 1day S-CBT」の会場について発表されたのは、3項目。
一つ目は、高校会場を使用せず、「テストセンター」を設置すること。入試対応として公平で厳正なる試験実施を行うため、学校会場に比べ、高いセキュリティレベルにある、「テストセンター」を設置する(「英検CBT」「英検2020 1 day」の両方)。

 次に「テストセンター」は全国47都道府県に設置すること(ただし、「英検CBT」「英検2020 1day S-CBT」のいずれか、もしくは両方かは現時点では未定)。三つ目は、「テストセンター」は常時実施する方向で進行中(予定)であること。受験者にできる限り柔軟な受験機会を提供できるよう、「テストセンター」での常時実施を目指している(ただし、「英検CBT」「英検2020 1day S-CBT」のいずれか、もしくは両方かは現時点では未定)。

 日本英語検定協会では、各会場地域のキャパシティにおいて、文部科学省が2018年行ったニーズ調査の結果に基づき、各県に少なくとも1箇所以上の会場を設置する方向で進めていると報告。また、2020年度の各試験の実施概要について発表が遅延していることにもふれ、謝罪するとともに、今後の決定事項については、決定次第、迅速、かつ仔細に情報を公表していく考えを示した。

参考:【公益財団法人日本英語検定協会】速報! 2020年度 英検新方式 実施会場における決定事項のお知らせ ~全国に「テストセンター」設置、※常時実施を目指す~(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。