名古屋大学の山中章弘教授らの研究グループは、新潟大学、岡山大学との共同研究で、「GABA作動性神経」と呼ばれる神経がノンレム睡眠を調節することを発見した。

 睡眠や覚醒に関わる神経系については、これまで多く不明であった。中脳の腹側被蓋野には快感やその報酬行動に関与するドーパミン神経が存在するため、快感や報酬行動に関する研究がなされてきた。腹側被蓋野にはGABA作動性神経も多く存在しているが、その役割の研究は十分ではなかった。

 研究グループは、この腹側被蓋野(VTA)のGABA作動性神経(VTA-GABA)に着目。まず、遺伝子改変マウスによりGABA作動性神経だけに遺伝子発現を誘導。その後、化学遺伝学(化学物質により神経活動を制御する遺伝学的技術)を適用してVTA-GABA神経を活性化させると、マウスのノンレム睡眠時間が増加した。一方、光遺伝学(光で活性化するタンパク質を用いた遺伝学)を適用してVTA-GABA神経を抑制すると、ノンレム睡眠から直ちに覚醒した。

 さらに、蛍光強度を変えられるタンパク質をVTA-GABA神経に特異的に発現させた。光により神経活動を測定する「ファイバーフォトメトリー」によると、VTA-GABA神経の活動はノンレム睡眠時に高くなることが判明。また、VTA-GABA神経と、同じく視床下部にあるオレキシン神経(覚醒維持・睡眠制御に関わるタンパク質オレキシンを産生する神経)との関係を検討。その結果、VTA-GABA神経はオレキシン神経に直接投射してその活動を抑制し、ノンレム睡眠を誘導していた。

 睡眠誘導薬物の多くが長期服用により薬物依存を生じる。VTA-GABA神経神経は依存や報酬に関係するドーパミン神経との機能連関が想定される。今回の研究成果が今後、依存形成のメカニズム解明につながることが期待される。

論文情報:【eLife】GABA neurons in the ventral tegmental area regulate non-rapid eyemovement sleep in mice

この記事が気に入ったらおねがいします。

新潟大学
名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。