名古屋大学大学院法学研究科の「日本研究のための歴史情報」プロジェクトは、昭和初期の富裕層を網羅した紳士録「人事興信録」1928年版のデータベース一般公開を始めた。2018年に公開した大正時代の1915年版に続く第2弾で、近代日本の資本主義経済発展と大正デモクラシーに代表される自由主義がピークを迎えた当時の富裕層を把握することができる。

 名古屋大学によると、1928年版の採録者は男性2万5,149人、女性67人の合計2万5,216人。会社員がその半数を占め、職業欄に記載された株式会社名は延べ約2万8,400社に及ぶ。1927年の金融恐慌の影響や1928年に実施された衆議院男子普通選挙の結果も反映されている。

 人事興信録の内容を知らない人でも、調べたい用語を入力するだけで検索できる全文検索機能を備えた。氏名が不詳でも、父親の名前や住所、肩書などで検索し、その人物を探し出すことができる。戦前の資料で、テキストデータで表示できない漢字が使用されていることも少なくないため、原画像を表示する機能を持つ。

 採録者の親類関係を通じた社会ネットワークの可視化や、採録者の属性を基にして経済、社会、政治状況を関連づけた分析ができるようになっている。

 人事興信録は明治時代の1903年に創刊された人物情報誌。近代日本の最上層の人物について、身分や職業だけでなく、戸籍調査などに基づく家族、親類の情報を掲載している。2、3年ごとに情報を更新して版を重ね、2009年まで刊行されてきた。

参考:【名古屋大学】昭和3年版『人事興信録』(人事興信所刊)データベース一般公開(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。