大阪学院大学では、女子学生を対象に、社会で活躍し貢献する実践的な人材の育成を目的としたキャリアアッププログラム「ステキ☆塾」を開催している。5月25日、2019年度最初の講座が行われた。

 「ステキ☆塾」は、実際に社会で活躍している女性たちを知ることで、学生自身の興味関心を広げ、キャリアデザインにつなげていってほしいと、女子学生を対象に2014年から開始した。講師は大阪や神戸などで活躍している女性経営者や、アパレルブランドのデザイナー、野菜ソムリエ、ウォーキングディレクターなど得意分野を生かして自分らしく輝く大人の女性たち。プログラムの内容は、実体験を踏まえた講義のほか、ロールプレイング、ワークショップなどを取り入れた参加型。また、「ステキ☆塾」の司会や運営スタッフは学生が担当し、主体的にプログラムに参加している。

 2019年度の第1回目となる「ステキ☆塾」は5月25日に開催。ヨガインストラクターの田宮以恵氏を講師に招き、ヨガを中心としたプログラムを行った。講義では、自分史を記した資料に基づき、様々なライフイベントを経験する中で気づいた“自分の直感を信じることの大切さ”などが語られた。参加型ワークショップでは、学生たちは実際にヨガを体験し、美しい姿勢を保つために必要なポイントや、女性らしくしなやかな身体になるための方法を学んだ。参加した学生からは「自分の直感を信じることで、新しい自分や新しい人生を見つけることができることを知った。視野を広げて、行動や体験をしていきたいと思った。」「身体だけでなく心にも通ずる部分が多かったので、今までにない学びがあり新鮮でした。」といった感想が寄せられた。

 2019年度の「ステキ☆塾」は、全6回行う予定で、次回は7月13日。練り切り専門教室HALE(ハレ)を主宰する藤本 宏美氏を講師に迎え「季節の美しいアートな和菓子(練り切り)づくり」を開催する。

参考:【大阪学院大学】ステキ☆塾2019 第1回開催報告

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。