2019年5月31日、千葉商科大学キャリア支援センターは就職マッチングサイト「me R AI(みらい)」(商標登録申請中)を公開した。サイト上に情報登録した学生と800社を超えるCUCアライアンス企業が、互いにオファーを出し合えるオンラインサービスだ。

 千葉商科大学は、2017年から逆求人型の学内合同会社説明会を実施し、学生と企業双方から好評を得てきた。この仕組みをオンライン上でも利用できるよう立ち上げたのが「me R AI」だ。活動の早期化や経団連による就活ルールの廃止(2021年卒採用以降)など変化の大きい就活市場において、学生、企業双方にとってより効率よく精度の高いマッチングの創出を目指す。

 千葉商科大学は、学生のキャリア教育や就職に対して支援や協力体制を持つ企業を「CUCアライアンス企業」として、2008年より独自にネットワーク化。2019年6月現在で814社が登録している。2018年3月卒業生のうち、民間企業に就職決定した学生の4割以上がアライアンス企業に就職している。

 同大学国際教養学部キャリア委員会メンバーで働き方評論家の常見陽平専任講師は、今回のリリースに際し「逆求人のマッチングモデルは2000年代半ばから出始めました。大量応募の弊害改善や有名企業にしか目を向けない学生へ意外な出会いを提供できることなどから、2017年以降、特に注目が高まっています。近年の就活市場では、学生と企業双方へ正確で安心できる情報を提供し、採用活動における企業のマンパワー不足を解決することが必須です。『me R AI』は、多数のCUCアライアンス企業と協力し、価値あるマッチングの場を育てる本学の取り組みです」とコメントしている。

参考:【千葉商科大学】逆求人型就職マッチングサイト「me R AI(みらい)」5/31公開(PDF)

千葉商科大学

経営者や専門家として、高い論理観を持って活動、未来を切り拓く人材を育成

商経、政策情報、サービス創造、人間社会、国際教養の5学部と大学院を有する、社会科学系の総合大学となった千葉商科大学。「実学」を教育理念とし、幅広い教養を身に着けたうえで、学生の能動的な学習を引き出すアクティブラーニングを積極的に取り入れています。また、グローバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。