千葉商科大学は、13カ国・地域の22大学から63名の大学生を招き、日本の文化や経済を学ぶ「2019CUCサマープログラム」を開催する。期間は2019年7月7日から21日までの15日間。

 「CUCサマープログラム」は、日本の学生が海外の学生たちとのコミュニケーションを通じて、グローバル時代における社会人としての基礎力を育むことを目的に2011年から開催。招待された海外の学生たちは、日本文化の体験や企業訪問などのプログラムを通じて、様々な視点から日本について学ぶ。

 すべてのプログラムには千葉商科大学の学生がサポーターとして参加。サポーターは、フリータイムの観光にも同行するなど期間中は行動をともにし、海外の学生たちと交流する。現在、サポーターの登録者数は240名以上となっている。

 2019年度の「CUCサマープログラム」には、アメリカ、イギリス、イスラエル、インド、インドネシア、韓国、タイ、中国、フランス、ベトナム、メキシコ、ロシア、台湾の13カ国・地域、22大学から63名の学生が参加する。メキシコとタイからの参加は今回が初めて。7月12日には、市川市の村越祐民市長を表敬訪問。海外の学生たちは自国の紹介や日本に来た印象などを語る1分スピーチを行う。午後からは千葉県内を巡るツアーを実施。古くから神輿製造が盛んな市川市行徳や人間社会学部と木更津市のふるさと納税返礼品にもなっている果実酢を共同開発したブルーベリー農園等を訪問し、学生たちは体験した内容や千葉の魅力をSNS等で自国に発信する。

 このほか、千葉商科大学が全学的に行っているSDGsに対する取り組み「打ち水で涼しく大作戦」に浴衣を着て参加したり、多国籍チームを組んで、週末の自由行動で見つけた“日本”についてプレゼンテーションなどを行う。プレゼンテーションでは、千葉商科大学の学生や教職員も質問しながら、“海外から見た日本”について学ぶ。

 千葉商科大学では、CUCサマープログラムに参加した海外の大学で実施される同様のプログラムに、日本の学生が参加できる交換プログラムが設けられている。学生は、研修費が免除され、基本的に渡航費と保険料のみで参加することができる(大学によって条件は異なる)。

参考:【千葉商科大学】海外学生が本学学生と共に日本・千葉を知り、自国に魅力を発信「2019CUC Summer Program 」開催

この記事が気に入ったらおねがいします。

千葉商科大学

「やってみる、という学び方。」で、社会に出てから必要とされる実学を身につけよう

創立以来、社会で役立つ実学を学問の中心に据えています。座学に加え「やってみる、という学び方。」を推進していることが特徴です。経験と理論・知識の両輪で人を育て企業が求める力を身につけた人材を輩出します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。