東京医科歯科大学は東京都と協定を締結し、東京都地域医療政策学講座を設置した。地域医療構想、医師の確保や外来患者の動向などの調査、研究を通じて、東京都の保健医療行政を支援する。

 日本では、2025年をピークに医療や介護の需要が増え、高齢者人口に地域差が大きく出ると言われており、国として地域医療構想の達成に向け様々な議論が重ねられている。各自治体には、急性期から回復期、慢性期まで、患者の状態に合った医療サービスが適切に行われる体制の構築に向け、医療資源の適切な配置が求められている。

 東京都には、全国の17.4パーセントにあたる15の特定機能病院と、高度医療、先進医療を提供する医療機関が集中していることから患者が全国から集まっている。このような東京都ならではの医療行政課題を的確に捉え、都民が安心して質の高い医療を受けられる体制を構築するため、東京医科歯科大学がアカデミアの立場から支援する。また、同大学とともに4大学連合を構成する一橋大学も協定を締結し、協力して活動を行うという。

参考:【東京医科歯科大学】「東京医科歯科大学と東京都が協定を締結」-地域医療構想達成に向けて東京都地域医療政策学講座を設置-(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

一橋大学

私塾から始まり、常に学界をリードする。少数精鋭の社会科学系総合大学のトップ

一橋大学は、1875(明治8)年に森有礼が、渋沢栄一や福沢諭吉の協力を得ながら開いた商法講習所という私塾が始まりです。以降、商業だけでなく社会科学全般をリードする大学へと発展していきます。一橋大学の特徴的な教育の一つは少人数生のゼミナールです。学生は1年生の後[…]

東京医科歯科大学

知と癒しの匠を創造し、人々の幸福に貢献する国立医療系総合大学。

東京医科歯科大学は東京高等歯科医学校を母体に1946(昭和21)年に設立されました。現在では医学部、歯学部、大学院、研究所、附属病院などで構成される、医療系総合大学院大学です。特に歯学部は国立大学最古の歴史と伝統を有しています。設立以来人々の健康と社会の福祉に[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。