芝浦工業大学は、「国際化が進む社会においてリーダーシップを発揮し、複雑化する理工学の問題を解決できる人材」の育成を目指して、学部教育をすべて英語で提供する「先進国際課程」(学位:学士「工学」、定員:9名)を2020年10月に工学部に開設する。

 当課程は、これまで卒業研究でのみ実施されてきた「研究プロジェクトを通じた能動的学習」を初年次から4年間を通して行い、指導教員および複数のアドバイザー教員のもと、さまざまな研究室で最先端研究に取り組む「オナーズプログラム」だ。異分野の領域も横断的に学習し、世界の技術革新の進展に応じた学際領域にも柔軟に対応する。

 これらのカリキュラムを通じて、俯瞰的視野・ダイバーシティ・倫理観・リーダーシップ・社会貢献の能力を養い、多国籍の教員が指導にあたる多様な教育・研究環境でイノベーションを担う人材を育てる狙い。また、国際会議において、本人の研究成果を在学中に1回以上発表することを目指す。

 今後、同校は国内のインターナショナルハイスクールや先進的な国際教育を実施している高校、国外の高校の卒業生をターゲットに、世界中から学生を受け入れる。大学院への進学を前提とし、修了後は研究機関で分野を牽引できる研究者、製造業など民間企業の研究開発チームのリーダーとなる技術者、もしくは新たな事業を起こし社会をリードする企業家になれる人材を輩出していく。

参考:【芝浦工業大学】2020年10月「先進国際課程」 スタート

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。