東京農工大学は、2019年8月9日、SDGsの達成、2050年石油ベースプラスチックゼロに向けて、「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動を宣言。使い捨てプラスチック削減に向けて、東京都との協定を締結した。

 日本政府が2019年5月に作成したプラスチック循環資源戦略における基本原則「3R(Reduce,Reuse,Recycle)+ Renewable」。東京農工大学では、それに研究(Research)を加えた独自の「5R」に取り組み、使い捨てプラスチックの削減と、課題解決のための新素材の創生等を含めた研究を推進する。

 2019年6月のG20大阪サミットでは、海洋汚染の原因とされるプラスチックごみの規制が焦点の1つとなった。東京農工大学はマイクロプラスチック汚染について研究を続けてきた高田秀重教授を中心とする農学・工学融合の研究チームを発足し、早くからその課題に取り組んできた。

 同大学は今回の活動宣言に基づいて、プラスチック削減策、教育活動を通じた次世代の育成、社会貢献活動を通じた普及啓発活動、プラスチック課題を解決する研究に取り組む。また、ステークホルダーによる協議会を設置し、持続性を担保。この活動を発展させる体制を整える。

参考:「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動宣言

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京農工大学

農学、工学の視点から「持続発展可能な社会の実現」に向けた課題解決を目指す国立科学技術系大学。

東京農工大学は1949(昭和24)年に東京農林専門学校と東京繊維専門学校が統合して設立されました。しかし、その起源は明治7年(1874年)に設立された内務省農事修学場と蚕業試験掛にまでさかのぼります。現在では農学部と工学部からなる唯一の国立大学としてこれらの知[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。