中部大学の伊藤守弘教授らの研究グループは、三重大学と共同で、血管からのカテーテル挿入による治療中に心肺が停止した際、心臓マッサージによる蘇生効果を高める技術を開発した。

 心臓や脳、肝臓などの血管から直径が1、2mmほどの細い管状のカテーテルを挿入する検査・治療法は近年目覚ましく進歩している。しかしその間に、致死性不整脈や心肺停止が少なからず起こる。致死性不整脈には速やかに電気刺激や薬剤で正常な状態に戻す除細動、心肺停止には胸部を圧迫する心臓マッサージを行う。マッサージ中もカテーテル治療は中断できず、両方を同時に行う緊迫した状態となる。

 カテーテルテーブルは患者内部の血管構造を詳細に映しだすため、上下をX線装置に挟まれた形になる。このX線装置はアルファベットのCの形(Cアーム型)をしているためカテーテルテーブルは片側しか固定されていない(カンチレバー構造)。そのため、心臓マッサージ中は上下にたわむ。研究チームは、心臓マッサージの時に手で押さえる力の一部がテーブルのたわみに使われ、肝心のマッサージには十分に使われていないと考えた。

 今回、テーブルの固定されていない側をX線装置の定位置からわずかにずらし、下に安定化棒を装着して固定することで上下にたわまないようにする方法を考案した。実験の結果、安定化棒を装着すると、胸部圧迫の質はほぼ良好と示された。テーブルのたわみは0mmで圧迫深さは平均47.3mmまで増えた。たわみの減少分と圧迫深さの増加分がほぼ一致した。

 今回の結果を受け、患者が心臓カテーテル検査・治療中に心肺停止した場合に安定化棒でカテーテルテーブルのたわみを抑える方法を提案するという。

論文情報:【Journal of Interventional Cardiology】Effect of Using a Cardiac Catheterization Table-Stabilizing Stick on the Quality of Cardiopulmonary Resuscitation in the Cardiac Catheterization Laboratory: A Simulation-Based Study

この記事が気に入ったらおねがいします。

三重大学

三重の力を世界へ 地域に根ざし、世界に誇れる独自性豊かな教育・研究成果を生み出す ~人と自然の調和・共生の中で~

課題探求心、問題解決能力、研究能力を育てるとともに、学際的・独創的・総合的視野をもち、国際的にも活躍できる人材を育成します。 優れた研究成果を発信する地域における「知」の拠点としての役目を担い、「人類福祉の増進」「自然の中での人類の共生」「地域・国際社会の発[…]

中部大学
中部大学

実社会で通用する真の実力を養う7学部26学科がワンキャンパスに集まる総合大学

約1万人がワンキャンパスで学びます。好奇心に応える施設設備、社会から研究依頼が舞い込む研究室、各分野で評価の高い教授陣が、あなたの創造力を刺激。「やりたいことができる、なりたい人になれる」大学です。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。