麻布大学とアニコム先進医療研究所株式会社、岡山理科大学、東京農工大学の研究グループは、イヌの腸内細菌叢が加齢により変動することを明らかにした。

 イヌの腸内細菌叢はマウスよりもヒトに近いと言われ、また、犬種・飼育環境・エサを統一するなどして環境要因や遺伝的要因を揃えることができるため、ヒトの腸内細菌叢の解析モデルとして有用と考えられている。

本研究では、同一環境下で飼育される0.4~13.9歳の43頭の柴犬の群を対象に、糞便の細菌叢を解析した。その結果、加齢に伴い腸内における存在比率の低い細菌の種数が減少する、すなわち、加齢により細菌叢の多様性が変動することがわかった。特に、ヒトの加齢による衰弱で検出される細菌であるAbsiella dolichumの近縁細菌が、イヌの加齢に伴い増加していることがわかった。

また、近年、異なる細菌種同士が腸内細菌叢で協働しているとの研究報告があるため、どの細菌同士が協働しているかも調べた。共変動ネットワーク解析により、加齢による各細菌の変動パターンを計算したところ、加齢に伴い変化する細菌群が協働している可能性があることも明らかとなった。

この研究成果から、イヌにおいて腸内細菌叢は加齢に伴い変化しており、疾患と腸内細菌叢との関連解析を行う上では、年齢を交絡因子として考慮する必要があることが示された。本研究グループは、ペットやヒトのアレルギー疾患を抑制する細菌の発見を目指した研究に取り組んでいるといい、今後、イヌの細菌叢解析からアレルギー抑制細菌の絞り込みを行うために、本成果を反映させていくとしている。

論文情報:【FEMS Microbiology Letters】Age-related analysis of the gut microbiome in a purebred dog colony

この記事が気に入ったらおねがいします。

麻布大学

5つのフィールドから「地球と共に生きる」未来を描いています。

麻布大学のルーツは、明治23年(1890年)、與倉東隆によって東京の麻布(現 港区南麻布)に開設された「東京獣医講習所」にさかのぼります。1950年に麻布獣医科大学として開学、1980年に麻布大学に改称。2015年には125周年を迎えた歴史ある大学です。建学の[…]

東京農工大学

農学、工学の視点から「持続発展可能な社会の実現」に向けた課題解決を目指す国立科学技術系大学。

東京農工大学は1949(昭和24)年に東京農林専門学校と東京繊維専門学校が統合して設立されました。しかし、その起源は明治7年(1874年)に設立された内務省農事修学場と蚕業試験掛にまでさかのぼります。現在では農学部と工学部からなる唯一の国立大学としてこれらの知[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。