大学入学共通テストでの英語民間試験活用で、大学入試センターは各検定試験の実施日と大学への成績提供時期をまとめ、ホームページ上で公表した。

 大学入試センターによると、受験生が受けた英語民間試験の成績は大学入試英語成績提供システムで成績送付時期が ①受験期間A=2020年9月以降、②受験期間B=2020年11月以降、③受験期間C=2021年2月以降の3段階に分かれ、民間試験の実施日によって送付時期が異なっている。

 受験時期が早い総合型選抜で民間試験の成績提供が求められるケースなどでは、受験生は成績送付が間に合う実施日の民間試験を選んで受けなければならない。

 例えば、ケンブリッジ大学英語検定機構の「ケンブリッジ英語検定」だと、2020年の試験は6月13日、同28日、8月30日、10月10日、同25日に予定しているが、6月13日実施分が受験期間A、10月実施の2回分が受験期間Cに分類された。6月28日、8月30日の実施分はどの受験期間とするか調整している。

 ベネッセコーポレーションの場合は6月14日、7月19日、10月4日、11月1日の4回開催を予定しているが、6月14日実施分は受験期間A、7月19日実施分は受験期間B、10月4日、11月1日の実施分は受験期間Cに該当する。

参考:【大学入試センター】令和3年度大学入学者選抜に係る「大学入試英語成績提供システム」における受験期間について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。