海洋研究開発機構地球環境部門環境変動予測研究センターの黒木聖夫特任技術研究員と東京大学大気海洋研究所の羽角博康教授は、潮汐が瀬戸内海を通過する流れを抑制することを明らかにするとともに、流れが長期的にみて東へ向いている可能性が大きいことを突き止めた。

 海洋研究開発機構によると、黒木研究員らは瀬戸内海を水平500メートル格子で覆う海洋シミュレーションモデルを使い、潮汐が瀬戸内海の流れに与える影響を調べた。

 潮汐の影響を加えたシミュレーションと除いたシミュレーションを実施したところ、どちらも流れは主に東向きとなっていたが、潮汐の影響を加えたシミュレーションでは流量がかなり減少していた。潮流は複雑な渦を作る効果などを持ち、それらが通過流を抑えることが明らかになった。

 瀬戸内海は複雑な地形と潮汐がもたらす複雑な潮流が特徴で、世界最大といわれる鳴門海峡の渦潮を発生させることで知られている。しかし、長い時間スケールで瀬戸内海を通過する流れの向きさえ分かっていなかった。

 今回の研究成果は世界の他の海峡の通過流に応用できる可能性を持つだけでなく、温暖化予測を含む機構シミュレーションの精度向上にも役立つと考えられる。

論文情報:【Scientific Reports】Tidal control of the flow through long, narrow straits: a modeling study for the Seto Inland Sea

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。