教育サービス事業およびAI事業を展開する株式会社EduLab(エデュラボ)と株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)は、2018年12月に資本業務提携を締結。その取り組みの第一弾として、AIを活用した英語スピーキング能力の自動採点に関する共同研究を開始する。

 2020年度の大学入試改革や次期学習指導要領を契機に、英語の4技能「話す」「書く」「読む」「聞く」の教育および能力測定が重要視される。その一方で、特に「話す(スピーキング)」能力の測定・評価についてはコストがかかり、また評価者により結果にバラつきが生まれやすい点が懸念されている。

 そこで、Z会グループによる英語4技能テスト「英語CAN-DOテスト」(2018年度受験者実績:約8,000名)の解答音声データ、観点別の評価データと、EduLabが持つテスト技術およびAIによる自動採点技術を活用し、スピーキング自動採点の研究開発に着手することとなった。

 また、共同研究では、CEFR-J※の開発者である東京外国語大学大学院の投野由紀夫教授を監修者に迎える。スピーキング自動評価の妥当性や信頼性に関するアドバイスを受け、研究成果の学会等での共同発信を行っていく。

 今後、両社はZ会グループの持つ良質な学習コンテンツおよび添削指導のノウハウと、EduLabの持つテスト技術およびAIなどのIT技術を組み合わせ、教育現場や学習者の様々なニーズを発掘し、最先端の教育機会の提供に向け、幅広く連携していく。

※CEFR-Jは、欧州共通言語参照枠(CEFR)をベースに、日本の英語教育での利用を目的に構築された、新しい英語能力の到達度指標

参考:【株式会社EduLab】 Z会グループと資本業務提携、AIを活用したスピーキング自動採点の共同研究を開始

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。