東京医科歯科大学は、医学部初の試みである単位認定型インターンシップ制度により、医学部生が、医療AIベンチャー、アイリス株式会社で2019年6月3日~8月30日の3か月間、インターンシップを行った。

 医師起業家などによって創業される医療ベンチャーが増加しており、医学生の将来キャリアとして、医師起業家が一つのキャリア選択肢となっている現状がある。しかし通常のインターンシップでは各企業が公募をかけ、学生が個々で応募し採用する流れが一般的で、大学医学部の単位として認められることはなかった。

 こうした背景から、東京医科歯科大学は、医学生が医師起業家の働く姿を身近で学び、幅広いキャリア考察ができるようにと、医療ベンチャーでのインターンシップ制度を医学部で初めて導入した。

 受け入れ先となったアイリス株式会社は、代表取締役社長の沖山翔氏が医師であり、4名の医師・歯科医師が社員として従事。医療現場でのニーズや課題に沿ったAI医療機器の開発を進めている。副社長が東京医科歯科大学の臨床准教授を勤めている関係でインターンシップ先に選ばれた。

 期間中、インターン生は、インタビューや学会参加などを通して医師起業家の実態調査を進める一方、医療機器開発の基礎知識の獲得や、開発中の未承認医療機器の開発工程へ参画し、医師起業家が働く医療AIベンチャーで事業推進のプロセスを間近で経験した。東京医科歯科大学医学部4年のインターン生は、「これから多様化していくと考えられる医師のキャリアの中で、起業とはどういうことなのか間近で見させていただきました。ビジネスの視点から医療を見ることは現状医学部では教わりません。この経験は今後自分にとって大きな知見になると思います。」と有意義だったインターン期間の感想を述べた。

参考:【PR TIMES】医療AIベンチャーのアイリス株式会社が単位認定型インターンシップ制度を東京医科歯科大学と実施

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京医科歯科大学

知と癒しの匠を創造し、人々の幸福に貢献する国立医療系総合大学。

東京医科歯科大学は東京高等歯科医学校を母体に1946(昭和21)年に設立されました。現在では医学部、歯学部、大学院、研究所、附属病院などで構成される、医療系総合大学院大学です。特に歯学部は国立大学最古の歴史と伝統を有しています。設立以来人々の健康と社会の福祉に[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。