スタディプラス株式会社は、2019年9月17日から日本初となる大学受験生向け電子参考書のサブスクリプションサービス「ポルト」の提供を開始した。

 高校生の97.5%がスマートフォンを保有。アプリや動画を遊びのためではなく、勉強に使う高校生もみられるようになった。また、2019年4月には学習用デジタル教科書を制度化する法令が施行され、6月には東京都教育委員会が都立高校へのスマホ持ち込みを容認することを決めるなど、行政や教育現場でも教育ICT化が進んでいる。

 スタディプラス株式会社では、スマートフォンの若年層への普及と勉強への利用、デジタル教科書の法令整備の流れを受け、日本初となる大学受験生向け電子参考書のサブスクリプションアプリ「ポルト」を開発した。

 「ポルト」は、大学受験の主要科目である5教科(国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語)から、17科目(現代文、古文、漢文、日本史、世界史、地理、現代社会、倫理、政治・経済、数学1、数学A、数学2、数学B、数学3、物理、生物、化学、地学、英語)の参考書が利用できる。2019年9月17日のサービスリリースでは東京書籍株式会社、株式会社旺文社、株式会社学研プラス、株式会社KADOKAWA、株式会社講談社、株式会社Z会ソリューションズなど12社による参考書30冊を提供。参考書ごとに進捗率や正答率が分かる学習データの把握も可能。さらに、英語科目の参考書の多くは、ネイティブな発音による読み上げ機能もある。月額利用料金は980円(税抜き)。

 スタディプラス株式会社では、2020年夏までに、現在の約3倍となる累計100冊の参考書を提供する予定。

参考:【スタディプラス株式会社】日本初 大学受験生向け電子参考書のサブスクサービス「ポルト」を提供開始。 ~正答率、進捗率の把握による学習データの活用、 英単語読み上げ機能により受験勉強の効率化を促進~

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。