学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校は、新型コロナウイルスの感染拡大による休校に伴い、2020年3月1日から、オンライン学習アプリ「N予備校」を無料開放している。5月31日をもって無料開放期間が終了するのに伴い、今後もオンラインで学びたい生徒に向けて1年間の無料開放を実施することになった。

 3月1日以降、「N予備校」ではアーカイブ動画授業だけでなく一流講師による特別生配信授業を開催。休校期間中の生徒たちに好評を博してきた。5月1日に文部科学省が発表した通知「新型コロナウイルス感染症対策としての学校の臨時休業に係る学校運営上の工夫について」に伴い、5月31日をもって無料開放を終了する。6月1日からは一部のオンライン授業は無料で残しながら、月額1000円(税別)での利用になる。

 これまでのオンライン授業無料提供において、N高校は「期せずして、多くの方に『N予備校』のオンライン授業の中身について、過分の褒め言葉をネット上でもいただいたことは『N予備校』に関わった教員、制作スタッフ、エンジニアの全員にとって望外の喜びでした」とコメント。感謝の気持ちをこめて、2020年6月1日~2021年5月31日まで1年間無料開放を継続する企画を発表した。

 無料開放を希望する生徒(社会人も可)は5月20日までにN高の公式Twitterアカウントをフォロー、及びキャンペーンツイートをリツイートした後、フォームに記入する。現在有料会員である場合は、退会してから申し込む。

 また、同じく3月1日に発表された、オンライン授業を実施する教員に向けた、学習コンテンツの配信のノウハウのレクチャやアドバイス行う無償サポートも継続して実施していく予定。

参考:【学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校】N高のオンライン授業を1年間無料開放~フォロー&リツイート&勉強キャンペーン申込み者全員に~

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。