日本の大学などへ留学を希望する外国人を対象に実施する日本学生支援機構の日本留学試験で、問題を記載した冊子が大阪会場で不足し、1,600人以上が受験できなかったことが分かった。日本学生支援機構の吉岡知哉理事長は受験生に謝罪する談話を発表、再試験を実施する方針を明らかにした。

 日本学生支援機構によると、試験は10日に全国23会場で行われ、国内外から約3万人が出願したが、大阪府豊中市の大阪大学豊中キャンパスで行われた大阪会場での試験で受験生2,469人のうち、1,624人分の冊子が足りなかった。冊子を発注する際の計算ミスで必要な部数を確保できなかったという。

 大阪会場では当日、大幅な冊子不足に担当者が気づき、一部受験生の試験を中止した。再試験は23日に大阪大学豊中キャンパス、26日に大阪市内で行われる。しかし、1回入国用のビザで来日したり、再試験と大学の受験日が重なったりする受験生もいるとみられ、不安が広がっている。

 日本学生支援機構は文部科学省が所管する独立行政法人。日本留学試験は全国800以上の大学や専門学校などが合否判定に活用している。日本学生支援機構の吉岡理事長はホームページ上に公開した謝罪文で「日々勉強に取り組んでこられた受験生のみなさんに深くおわび申し上げる」と陳謝し、受験生が安心して入学試験に臨める体制を整備するとしている。

参考:【日本学生支援機構】理事長から受験生、保護者、関係教育機関の皆様へ

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。