昭和女子大学が令和元年度「東京都女性活躍推進大賞」の教育分野において大賞を受賞。2020年1月23日、東京都庁で贈呈式が行われ、小池東京都知事より表彰状および副賞の楯が授与された。

「東京都女性活躍推進大賞」は2014年に東京都が創設した。全ての女性が意欲と能力に応じて多様な生き方が選択できる社会の実現に向け、女性の活躍推進に取り組む企業や団体・個人を表彰している。

 今回、教育分野で大賞を受賞した昭和女子大学は、2016年度に昭和女子大学ダイバーシティ推進機構を設立し、日本社会における持続的な女性の活躍推進、ダイバーシティ推進の取組みを行ってきたことが評価された。

 昭和女子大学は、学内において、14学科のうち過半数を超える9学科で女性が学科長を務め、大学運営の意志決定に広く関与している。女子学生のキャリア形成にあたっては、2011年度から「昭和女子大学社会人メンターネットワーク」を運営し、約300名の社会人女性メンターが学生のキャリアデザインを支援してきた。2019年3月現在、利用者はのべ1万2400人と広く活用されている。

 また、在学生に限らず、意欲をもって働きたい女性や、ダイバーシティを推進するビジネスマンを対象に、2016年度、ビジネススクール「昭和女子大学キャリアカレッジ」を創設。会員企業と連携して様々な研修プログラムを提供し、女性の活躍と働き方改革推進のプラットフォームとして、2019年9月現在、のべ354人が受講している。企業に対しても組織のダイバーシティ推進に向けたセミナーや研究会を実施している。

 さらに、地域社会においても、子育て支援・待機児童対策として法人 100%出資の「NPO 昭和」による保育園等運営を行い、世田谷区立男女共同参画センター「らぷらす」の業務を受託している。

参考:【昭和女子大学】令和元年度 東京都女性活躍推進大賞【教育分野】大賞受賞

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。