2020年3月7日、学校法人九里学園は理事会において、浦和大学短期大学部(埼玉県さいたま市)を閉学することを前提に、2021年度より学生募集を停止することを決定した。

 1987年に開学した浦和短期大学を前身として誕生した浦和大学短期大学部は、2020年度で33年目を迎える。「実学に勤め徳を養う」の建学の精神のもと、確かな実践力と豊かな人間性を兼ね備えた人材の育成を目標に、約8000人の卒業生を送り出してきた。

 浦和大学短期大学部の久田 有学長は、ホームぺージにて、今回の決定を社会情勢の変化によるものとしたうえで「2020年度入学生を含め、すべての在学生には、既定のカリキュラムに従って卒業・就職まで責任をもって教育を行い、卒業生に対しても、万事支障の無いように対応する」と語っている。

 4年制の浦和大学は、2021年度より「社会学部(現代社会学科及び総合福祉学科)」と「こども学部(こども学科及び学校教育学科)」の2学部4学科体制となる。

参考:【浦和大学】短期大学部介護福祉科 学生募集停止のお知らせ

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。