オンライン生放送学習コミュニティ「Schoo(スクー)」を運営する株式会社Schooは、2020年3月18日から、大学授業のオンライン化に関する相談窓口を設置した。問い合わせはメールで受け付け、期限は設けない。さらに「海外含む他社サービスの活用」「過去積み上げてきたノウハウの全開示」も含めて行う。

 新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などオンライン授業に移行する大学が出始めている。日本ではまだ数校にとどまっているが、今後、リスク最小化のために当面オンラインで実施することを選択する教育機関も多数出てくると考えられる。

 株式会社Schooは、2015年に10大学との提携を発表して以降、大学教育におけるオンライン活用について様々な実証実験を行ってきた。その経験を活かして、今回、単独で授業のオンライン化を品質高く実施することが難しい大学に対して「大学授業のオンライン化 お悩み無料相談窓口」の開設を決定した。

 相談窓口の開設期間は、2020年3月18日から期限を設けず実施し、利用料金は無料。「オンラインで授業を開講したいものの、何から手をつけてよいかわからない」「どのようなツールが活用できるのか調べたいが時間がない」「インターネット回線、配信機器など十分な品質について決めかねている」「高齢の教授も多く、自分たちだけでオンライン配信を行えるかが不安」「オンラインで受講する学生の集中力を保つための工夫を知りたい」「他校の状況を知り、判断の材料としたい」など、授業のオンライ化に関する疑問について専門家がアドバイスする。

参考:【株式会社Schoo】「大学授業のオンライン化 お悩み無料相談窓口」を設置

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。