オンライン学習サービス『スタディサプリ』を運営する、株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:柏村美生)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による全国の小学校・中学校・高等学校への休校拡大をに対する支援として『スタディサプリ』を無償で提供すること決定した。

提供するサービスは、児童・生徒を対象とする、学校・団体利用向け『スタディサプリ』に加え、学校や先生のを対象とする教育支援ツール『スタディサプリfor TEACHERS』の全機能。
授業動画、確認テストなどの学習指示や視聴状況、学習状況の確認が行えるほか、児童・生徒への連絡、確認事項などのメッセージ送受信にも対応する。

対象となるのは、全国の小学校・中学校・高等学校。3月3日(水)正午より受付を開始する。なお、無償で利用できる期間はアカウント発行から4月30日(木)までとしている。

詳細:リクルートマーケティングパートナーズ「自治体・学校へ『スタディサプリ』を無償提供。新型コロナウイルス感染症の影響による休校期間中の家庭学習支援、連絡手段として」

 

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。