2020年4月27日、学校法人立命館は5月7日からWeb授業を実施するにあたり、学園全体で総額25億円の緊急支援策を発表した。対象は、学校法人立命館が設置する立命館大学、立命館アジア太平洋大学と中学高等学校4校、立命館小学校の学生・生徒・児童全員(2019年5月1日現在:48,580人)。

 緊急支援の内訳は、受講環境の整備支援に16億円、家計の急変した家庭への経済支援に5億円、学習・生活・諸活動支援策に4億円程度。

 まず学生・生徒・児童の全員に一律3万円を支給しWeb授業の受講環境整備に役立ててもらう。必要に応じてPC、ルーター等を無償で貸し出す(数に限りあり)。
次に家計急変のため学生生活が継続困難な場合、最大9万円(月額3万円×3ヵ月)を支給する。
さらに、学習・生活・諸活動を継続するため、学習・生活面でのオンラインサポート体制を整備し、オンラインを活用した多様な学び(就職活動支援、資格や語学講座受講支援などを含む)のプログラム提供やコミュニティ支援を進める。
以上を実施体制が整い次第、速やかに対象となる学生・生徒・児童全員に対して周知する。

 仲谷善雄総長は、今後も状況の変化に応じて必要な施策を検討し実施するとともに、政府に対しても、効果的な支援策の検討と実施を強く訴えるとしている。また児童生徒や学生に対して「改めて、皆さんそれぞれが学校において何を成し遂げたいのかを問い、自らの問題意識を高めてほしいと思います。また、学校や皆さん自身が世界や社会に対してどのような貢献ができるのかについて考える機会としてください。」と呼びかけている。

参考:【立命館大学】新型コロナウイルス禍に対する学びの緊急支援について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。