東邦大学医学部の吉田さちね助教、船戸弘正教授らの研究グループは、生後4カ月以上の乳児が両親に抱きしめられるとリラックスすることを突き止めた。両親に抱きしめられると初対面の女性に抱きしめられたときより心拍間隔増加率が高くなり、副交感神経が活性化しているとみられる。

 東邦大学などによると、心拍間隔は心臓の拍動の1拍と次の1拍の間の時間間隔を意味し、心拍間隔が長くなると心拍数が下がり、短くなると心拍数が上がる。研究グループは100組以上の0歳児とその親を実験室に招待し、親に子どもをかわいいと思ってギュッと抱きしめてもらった。

 その際に0歳児の心拍間隔を調べ、子育て経験を持つ女性に抱きしめられたときと比較したところ、両親に抱きしめられたときは心拍間隔の増加率が高まったのに比べ、他の女性では両親ほど高まらないことが分かった。

 おとなしく抱きしめられている乳児でも、抱きしめる相手によって生理反応が異なり、両親に抱きしめられるとリラックスしていたわけで、研究グループは4カ月以上の乳児は母親や父親に抱かれたときの感覚を記憶しているのではないかとみている。

 また、母親や父親も自分の子どもを抱きしめた際、9割以上が「安心する」と答えていたが、抱きしめることで自分の心拍間隔の増加率が高まり、リラックスしていた。

論文情報:【iScience】Infants show physiological responses specific to parental hugs

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。