魅力的な顔の人が着ている服は同じ服でもより魅力的に評価され、この影響が男性より女性に強く表れることが、新潟大学人文学部の新美亮輔准教授、山田真也卒業生の研究で分かった。評価する人が男性、女性のいずれであっても、結果に違いがなかった。

 新潟大学によると、新美准教授らは大学生の中から魅力的な顔とそうでない顔の写真を複数集め、これをさまざまな色や柄のTシャツの画像と組み合わせて人物がTシャツを着ている画像を合成した。この合成画像を男女30人ずつの大学生に見せ、顔ではなくTシャツの魅力を7段階で評価してもらった。

 その結果、魅力的でない顔の人物と合成したTシャツに比べ、魅力的な顔の人物と合成したTシャツの評価が男女とも高くなっていた。ただ、女性の顔と合成した場合は大きな差が見られたのに対し、男性の顔ではその差がわずかにとどまっていた。

 新美准教授らはTシャツが同じでも魅力的な顔と合成すれば、より魅力的に見えていることして、Tシャツの評価が女性の顔の評価に引きずられているのではないかとみている。男性の顔の魅力より女性の顔の魅力を重視する社会の風潮と深い関係があるとの見方も示している。

 研究は山田真也卒業生の卒業研究として行われたもので、日本心理学会の機関誌「心理学研究」に掲載された。

論文情報:【心理学研究】顔の魅力が服の魅力評価に与える影響とその性差

この記事が気に入ったらおねがいします。

甲信越地方の大学

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。