母乳を放出させる働きをもつ内分泌ホルモンであるオキシトシンは、近年、対人関係を円滑に進めたり、記憶・学習能力を高める働きをもつことも示されている。今回、京都大学と麻布大学のグループは、初産で生後2~9ヶ月児を養育中の母親を対象に個人内でのオキシトシン分泌の変動を調べ、その変動値と対人場面での感じ方との関連性を検討した。

 その結果、「母乳授乳する」あるいは「乳児を抱く」行為の前後でオキシトシンの変動には大きな個人差が認められ、他方、授乳後にオキシトシンを高めた母親ほど、快表情(うれしい)には敏感になり、不快表情(怒り)には鈍感になることが判明した。

 実験では、「母乳授乳する」あるいは「乳児を抱く」のいずれかの行為の前後でオキシトシン値を計測し、さらに「表情検出課題」(8つの表情のうち1つだけ異なる表情を検出する)および「表情判断課題」(無表情から動的に変化していく表情を判断するとともに、快/不快の強さを評価する)を実施した。オキシトシン値を分析したところ、「母乳授乳」群・「乳児を抱く」群のいずれもオキシトシンの変動には大きな個人差があった。一方で、「母乳授乳」群では、授乳後にオキシトシンを高めた母親ほど、「表情検出課題」において快表情(うれしい)を知覚する正確性が高く、不快表情(怒り)を知覚する正確性が低いとともに、「表情判断課題」においてうれしい表情の感じ方が弱かった。

 母乳授乳は、養育者のストレスを軽減したり、乳児に対する快の感情を高めるといわれているが、本研究により、授乳によってすべての母親のオキシトシン値が高まるわけではなく、またそれが他者の表情の感じ方にも関連することが示された。今後は、こうした養育者側の心身の特性の個人差が、親と子にどのような影響を与えるのかを検証することが課題となるという。

論文情報:【Biology Letters】Breastfeeding dynamically changes endogenous oxytocin levels and emotion recognition in mothers

この記事が気に入ったらおねがいします。

麻布大学

動物、食、環境、健康といった私たちの暮らしに密接な学びで、スペシャリストをめざす!

麻布大学のルーツは、明治23年(1890年)、與倉東隆によって東京の麻布(現 港区南麻布)に開設された「東京獣医講習所」にさかのぼります。1950年に麻布獣医科大学として開学、1980年に麻布大学に改称。麻布大学では建学の精神「学理の討究と誠実なる実践」のもと[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。