京都大学をはじめとする国際共同研究チームが、世界一の構造秩序を持つガラスの合成および構造の解明に成功したと発表した。

 ガラスは古くから我々の生活に利用され続け、欠かせない材料の一つとなっているが、原料の液体を急冷して作製されるために、その構造は、原子配列の規則性を失っている。高い構造秩序を有したガラスの合成は、材料開発の新しい基軸となることが期待されるが、これまで乱れた原子配列を持つガラスの構造研究は困難とされ、その構造制御が立ち遅れてきた。

 今回、本研究者らは、大型放射光施設SPring-8をはじめとする量子ビーム施設を利用した実験から、1200℃かつ7.7万気圧という高温・高圧下においてシリカ(SiO2)ガラスを合成すると、現在までに報告されているガラスの中で最も間隔が揃っている、すなわち世界一構造秩序のあるガラスができあがることを発見した。最先端のトポロジカル解析により、ガラスのもつ原子のリング構造が高温での圧縮によって変形しつつ形成されることで、原子配列が秩序化されるというメカニズムも突き止めた。

 また、世界一構造秩序のあるガラスの原子の動きを測定したところ、同じ組成・密度の室温で合成された構造秩序がないガラスとは異なることがわかり、ガラスの原子の動き方が構造秩序によっても大きく影響を受けることを見出した。

 今回得られた知見から、温度と圧力を駆使したガラスの構造制御への道が切り拓かれ、今後は新規高屈折率ガラスや高強度ガラス、高性能光ファイバーの合成に向けた応用が期待される。

 本研究チームには京都大学のほか、物質・材料研究機構、バース大学、早稲田大学、東京工業大学、岐阜大学、弘前大学、東京大学、琉球大学、ラウエ・ランジュヴァン研究所、筑波大学、オークリッジ国立研究所、ラザフォードアップルトン研究所、理化学研究所、ノルウェー科学技術大学、産業技術総合研究所、立命館大学、高輝度光科学研究センターが名を連ねており、国内外の多くの研究者の力によって成果が得られた。

論文情報:【NPG Asia Materials】Structure and properties of densified silica glass: Characterizing the order within disorder

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

岐阜大学

「学び、究め、貢献する」地域に根ざした国立大学 自ら考え、行動し、広い視野をもった人材を養成する。

学びを究め貢献する岐阜大学を「人が育つ場所」という風土の中で実現し、地域活性化の「中核的拠点大学」であることを目指します。 有為な人材を社会に送り出す場となることによって、学術・文化の向上と豊かで安全な社会の発展に貢献します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。