新型コロナウイルス感染症対策に伴い、学生の登校制限などを行っている金沢星稜大学は、2020年6月4日より実習メインの授業を再開した。三密を避けるため、職員がキャンパスの中庭にテントを張り、黒板や机、椅子を運んで「あおぞら教室」を設営。教員採用試験を目指すCDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)の受講生らが模擬授業を行った。

 CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)は金沢星稜大学独自の教育プログラムで、教員、公務員、税理士など専門職業の試験対策を学内で受講できる。同大学・女子短期大学部の学生なら誰でも、大手専門スクールに匹敵する質の高い講義を安価に受けられる。現役合格を目指し、仲間と一緒に難関試験合格に向け効率よく学習できるとあって、学生たちから高い支持を得ている。

 今回、コロナ禍によって「あおぞら教室」となった模擬授業の実習。参加した学生は「この状況の中、7月の教員採用試験に向けて模擬授業や面接の対策が難しかったのですが、少しの時間でも屋外でこのような対策ができることは、試験を受けるにあたっての自信に繋がります。環境を構築していただいたことで、より自分自身のレベルアップへの意欲が強くなりました」(人間科学部こども学科 4年次)、「この状況で全国の学生も同じ条件で教員採用試験を行う中で、どれだけ、他の人たちより、優位に動けるかが大切だと思っています」(人間科学部こども学科 4年次)とコメントしている。

参考:【金沢星稜大学】三密回避!あおぞら教室が開かれました

この記事が気に入ったらおねがいします。

金沢星稜大学
金沢星稜大学

世界基準の輝き人へ - 世界を見すえ 地域に活かす “ 星稜力 ”をこの手に-

金沢星稜大学は、グローバル化の促進、学士課程教育の質保証、地域社会への貢献の3つの重点事業に取り組みます。開学当初からの学部である経済学部は、学生数のおよそ7割を占め、経済・経営の分野で、社会で即戦力となるための能力を身につけます。民間企業への就職の他、公務員[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。