名古屋大学の石黒直樹教授、大野欽司らの研究グループはドラッグリポジショニング戦略によって胃酸分泌阻害薬として広く使われているランソプラゾールが骨の成長促進に効果があることを確認しました。安価な骨粗しょう症治療薬としても使える可能性が出てきました。

 ドラッグリポジショニング戦略では既存の医薬品の新たな薬効を調べます。化合物を新たに合成する必要が無いことや、投与する最適量・副作用・禁止事項などがすでに分かっているなどのメリットがあります。安全性の高い薬剤を安価で迅速に臨床応用することが可能です。治療薬が高価な疾患や有効な薬剤が開発されていない難病では、他の疾患で既に使用されている医薬品の中に効果が期待できるものがないかというアプローチに期待が集まっています。

 今回注目したのは骨粗しょう症や骨折の治療です。Runx2という遺伝子は、未分化の細胞が骨の形成や修復を行う骨芽細胞へ分化するのに関わっています。研究チームは様々な医薬品の中から、Runx2の遺伝子の活性を上げる効果があるものを調べました。実際にマウスの細胞に投与し効果を観察したところ、ランソプラゾールという薬剤が有効であることを突き止めました。ランソプラゾールは胃酸分泌を抑えるために1992年から使用されています。また骨折したラットに投与すると、回復が促進されることも確認することができました。また、分子レベルでのメカニズムの解明にも成功しています。

 骨の形成を促進して骨折治療を早める薬剤はいまだ開発されていないため、その候補となる物質を特定したことには大きな意味があります。さらに、各国で20年以上にわたって医薬品として使用されてきた物質であることも、臨床応用に向けて大変なメリットとなるでしょう。

名古屋大学

真の勇気と知性をもち、未来を切り拓いていける人をめざす

名古屋大学は、9学部・13研究科、3附置研究所、全国共同利用・4共同研究拠点などを擁する総合大学です。創造的な研究活動によって真理を探究し、世界屈指の知的成果を産み出しています。自発性を重視する教育実践によって、論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。
記事内容等に関する問合せ・ご意見はこちらからお願いします。