長崎大学と九州工業大学は産学連携の推進や学習成果の可視化などで協力する協定を結んだ。長崎大学が持つ総合大学の強みと九州工業大学の工業系大学として培ってきた実績を重ね合わせ、両校のさらなる発展につなげる。

 九州工業大学によると、推進協定の締結式は福岡市中央区の九州経済連合会で開かれ、九州経済連合会の麻生泰会長が見守る中、九州工業大学の尾家祐二学長、長崎大学の河野茂学長が協定書に署名した。

 両校は人口減少が続く九州の状況に強い危機感を抱いており、教育や研究、人材育成で連携し、教育や研究の成果を高めるとともに、未来の社会を担う人材の輩出で産業界に活力を与え、九州全体の活性化を目指す。

 当面は学習効果の可視化に関する手法の開発、長崎オープンイノベーション拠点を中心とした産学連携、共同研究の推進、海外拠点を活用した国際的な教育研究活動の展開、海外の大学との共同研究の推進について、両校が力を合わせる。

 具体例としてはインターネットを通じていつでもどこでも使えるオンデマンド教材の共同作成、工学系学生を対象とした協働就職説明会の開催を視野に入れているという。

参考:【九州工業大学】長崎大学と九州工業大学との連携・協力の推進に関する協定について

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。