近畿大学病院は、2020年11月27日、株式会社メドレーが提供するオンライン診療システム「CLINICS(クリニクス)」を用いて、オンラインでのセカンドオピニオン外来を開始した。関西の大学病院では初めての試みであり、外来治療を行っている27診療科全てが対象となる。

 近畿大学病院が開始するオンラインセカンドオピニオン外来によって、患者は全国どこからでも自分のスマートフォンやパソコンで受診することが可能になる。それによって移動負担が軽減され、セカンドオピニオンを利用する際のハードルが低くなり、病気や治療への理解度・納得度を深めて治療に臨むことができる。また、主治医以外の医師へ相談しやすくなることで、より納得のいく治療を受けることができると期待される。

参考:【近畿大学病院】関西の大学病院初、オンライン診療システム「CLINICS(クリニクス)」を活用し近畿大学病院の全診療科でセカンドオピニオン外来を開始

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。