2021年春学期より、中央大学は、文理を問わず全学部生(2021年度入学定員6,281名を含む約2万5000名)を対象として、AI・データサイエンス分野をリテラシーから応用基礎レベルまで系統的に学修する「AI・データサイエンス全学プログラム」を開始する。また、希望する学生にはプログラム言語などのスキル取得やグループで学ぶ演習科目も用意する。

 文系・理系あわせて8学部を有する中央大学は、これまで、各学部でデータサイエンス分野の講義を実施してきた。2020年4月にAI・データサイエンスセンターを設立し、政策動向や社会的なニーズを踏まえつつ、大学の特長を生かしたプログラムの検討を進めてきて本プログラムの開設に至った。

 中央大学によると、このプログラムは「全学部を対象として実施(学部を超えた学生の交わり)」「リテラシーから応用基礎まで系統的に学ぶ仕組み」を特長とする。導入教育にあたるリテラシー科目「AI・データサイエンスと現代社会」は、卒業単位に認定される科目となる。また、各分野の実務家の事例紹介を中心とした「AI・データサイエンス総合」の科目により、当該分野への関心を高めることを目指す。さらに意欲のある学生に対しては、プログラム言語など実践的な演習科目を用意することで、応用基礎レベルまでを系統的に学ぶ仕組みとした。2~4年次の演習科目では、学部や学年の垣根を越えて切磋琢磨しながらAI・データサイエンス分野を学ぶことにより、分野を問わず基礎スキルを身につけた人材を育成する。

参考:中央大学AI・データサイエンスセンター

中央大学

多様な教育により養われた「行動する知性。」は世界と日本の「中央」へ

中央大学は、1885(明治18)年、「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神を掲げ、「英吉利法律学校」として創設されました。この伝統は、総合大学として幅広い学問分野を網羅する現在では、「行動する知性。- Knowledge into Action-」というユニバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。