文部科学省科学技術・学術政策研究所は科学技術イノベーションの分野で活躍し、日本に元気を与えてくれている若手研究者10人をナイスステップな研究者に選んだ。過去に京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授、名古屋大学特別教授の天野浩教授らノーベル賞受賞者も獲得した賞で、文科省は受賞者の今後のさらなる活躍に期待している。

 科学技術・学術政策研究所によると、市橋伯一東京大学大学院総合文化研究科教授(42)は世界で初めて、試験管内で分子進化を再構成する実験モデルを開発した。沖部奈緒子九州大学大学院工学研究院准教授(46)は微生物を利用した金属精錬法の開発で功績を上げた。
恐神貴行日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所シニア・テクニカル・スタッフ・メンバー(45)は生物の脳を再現した機械学習の新技術を開発した。桂ゆかり物質材料研究機構主任研究員(40)は論文から過去の実験データを集め、大規模な材料物性データベースを構築した。

 鎌田雄一郎米カリフォルニア大学バークレー校准教授(35)はゲーム理論の理論研究と制度設計への応用研究で成果を上げた。佐野幸恵筑波大学システム情報系助教(42)は物理の視点で複雑な社会を研究するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での情報拡散パターン解析が認められた。

 武田朱公大阪大学大学院医学系研究科准教授(43)は目の動きを利用した認知機能検査法を開発した。田中大輔関西学院大学理工学部准教授(40)はAI(人工知能)技術による革新的な材料探索の実現で成果を上げた。

 藤井啓祐大阪大学大学院基礎工学研究科教授(37)は万能量子コンピューターの実現を目指した量子ソフトウエアの研究開発を先導した。山本陽一朗理化学研究所チームリーダー(43)はがんの画像から新たな知識を自力で発見する医療AI技術を開発した。

参考:【文部科学省科学技術・学術政策研究所】科学技術への顕著な貢献2020(ナイスステップな研究者)(PDF)

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。