東京医科歯科大学と三菱地所株式会社は、2021年3月9日、「不動産等活用企画に関する協定」を締結した。今後、東京医科歯科大学が保有する不動産等の有効活用を通じ、協働してオープンイノベーションと世界屈指のヘルスケア・サイエンス拠点の形成を推進する。

 2017年4月に施行された「国立大学法人法の一部を改正する法律」では、世界最高水準の研究活動の展開を目的に高い次元の目標設定に基づき大学運営を行う「指定国立大学法人制度」の創設や、教育研究水準の向上に充てるため国立大学法人等の資産の有効活用を図るための措置が盛り込まれた。

 2020年10月に指定国立大学法人の指定を受けた東京医科歯科大学は、「世代を超えた人類のトータル・ヘルスケアの実現」に向け、世界屈指のヘルスケア・サイエンス拠点の形成を目標に掲げさまざまな改革に取り組んでおり、今回の協定締結もその取り組みの一環。

 東京医科歯科大学は、引き続き研究力を強化していくにあたり、基礎研究はもとより、大学の強みである医科・歯科附属病院が融合する臨床現場や疾病予防等ヘルスケアサービスを提供する産業からの研究ニーズなどへの対応の充実も目指す。その実現のため、医療系アカデミア・医療機関が集積する御茶ノ水という地の利を生かしたオープンイノベーションを実践する空間と場として、大企業・スタートアップ・アカデミアが集う「TMDU イノベーションパーク(TIP)」 を整備するほか、ソーシャル・インパクトの高い医学・医療研究を担う国際拠点を形成する。

 三菱地所は、東京医科歯科大学の保有不動産の有効活用に留まらず、オープンイノベーション拠点における施設運営ノウハウの提供・連携をはじめ、エコシステムの形成に協力する。

参考:【三菱地所株式会社】東京医科歯科大と三菱地所、不動産等活用企画に関する協定を締結~オープンイノベーションとヘルスケア・サイエンス拠点の形成を推進~(PDF)

東京医科歯科大学

知と癒しの匠を創造し、人々の幸福に貢献する国立医療系総合大学。

東京医科歯科大学は東京高等歯科医学校を母体に1946(昭和21)年に設立されました。現在では医学部、歯学部、大学院、研究所、附属病院などで構成される、医療系総合大学院大学です。特に歯学部は国立大学最古の歴史と伝統を有しています。設立以来人々の健康と社会の福祉に[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。