横浜国立大学は2021年度欠員補充の第2次募集を始めた。理工学部3科の合計80人で、大学入学共通テストの結果で合否を判定し、3月30日正午ごろにホームページ上で合格者を発表する。

 横浜国立大学によると、2次募集するのは機械・材料・海洋系学科で機械工学教育プログロム24人、材料工学教育プログラム1人、化学・生命系学科で化学教育プログラム・化学応用教育プログラム20人、バイオ教育プログラム3人、数物・電子情報系学科で数理科学教育プログラム2人、物理工学教育プログラム12人、電子情報システム教育プログラム9人、情報工学教育プログラム9人。機械・材料・海洋系学科の海洋空間のシステムデザイン教育プログラムは募集しない。

 出願期間は3月29日まで。所定の出願書類を横浜市保土ケ谷区常磐台の横浜国立大学学務部入試課の窓口へ持参する。大学入学共通テストの結果で合否を判定するが、教科や配点は一般選抜後期日程と同一にする。

参考:【横浜国立大学】令和3年度欠員補充第2次募集の実施について

横浜国立大学

人々の福祉と社会の持続的発展に貢献するため実践的学術の国際拠点を目指します。

1949(昭和24)年に4つの学校が母体となって横浜国立大学は誕生しました。現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」の4つを理念とし世界をフィールド[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。