千葉商科大学は在学生保護者の会「千葉商科大学教育後援会」と協力し、2021年度の授業開始にあわせて全学生約6,500名に学内の学生食堂4店舗で利用できる学食無料チケット10食分(大学院生は8食分)を配布する。

 千葉商科大学では2021年度、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した上で授業の77%、4分3以上を面接授業で実施することを予定している。今回の配布は、新しく千葉商科大学の一員となる新入生を心から歓迎するとともに、すべての学生が充実した学生生活を送り、活気ある大学を取り戻せることを願って、保護者の会と協力して実施する。利用期間は4月の営業開始日から7月30日まで。

 さらに学生のアルバイトの機会を確保するため、学生食堂「The University DINING」、学生ベンチャー食堂※「満腹ダイニング」、「彩食菜」でも学生アルバイトを積極的に採用している。今回の無料チケット配布も学生アルバイトを採用して行う。

※学生ベンチャー食堂とは、学生がキャンパス内の食堂スペースで飲食店を出店・経営する食堂のこと。学生に起業のチャンスを提供するため、公募を行い、審査を通過した学生が大学から1年更新の出店権利を得て運営している。

参考:【千葉商科大学】大学と保護者がタッグ!全学生約6,500名に学食無料券を配布(PDF)

千葉商科大学

経営者や専門家として、高い論理観を持って活動、未来を切り拓く人材を育成

商経、政策情報、サービス創造、人間社会、国際教養の5学部と大学院を有する、社会科学系の総合大学となった千葉商科大学。「実学」を教育理念とし、幅広い教養を身に着けたうえで、学生の能動的な学習を引き出すアクティブラーニングを積極的に取り入れています。また、グローバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。