日本英語検定協会は新型コロナウイルスの感染拡大で会場確保の困難が予想されるとして、2021年度第1回検定の個人申込締切日を例年より早い4月15日にすることを決めた。会場設置のめどが立てば、例年通りゴールデンウイーク明けに締切日を延長する。

 英検協会によると、2021年度第1回検定は5月末から始まる予定。英検協会は従来通り、人数制限をせずに原則として申込者全員が受検できるようにする方針。

 これまでは申込締切日をゴールデンウイーク明けとすることが多かったが、新型コロナで会場確保が困難になると予想されることから、個人申込締切日を4月15日とした。余裕を持った日程を組むことで、その間に申込者全員が受検できる会場を確保する。

 全国に約2万ある団体受検実施予定会場の中には、個人申し込みの受検者を受け入れるとしているところもあり、英検協会はホームページ上で個人申込受検者の準会場として紹介している。

 会場設置に全国的なめどが立った場合は、ゴールデンウイーク明けの5月6日まで個人申込締切日を延長する。4月13日現在、延長に向けて鋭意検討中となっており、結論はホームページ上で発表する。

参考:【日本英語検定協会】2021年度第1回「英検」個人申込で英検受験を希望される皆様へのご案内(PDF)

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。