北海道大学大学院教育学研究院の崎田嘉寛准教授、大阪成蹊大学教育学部の寳學淳郎教授らの研究グループは、日本最古と考えられる女子サッカーの写真を発見した。大分県の大分上野丘高校「百年史」に掲載されているもので、同校の前身である大分高等女学校時代の1916(大正5)年に行われた女子サッカーの試合を撮影している。

 大阪成蹊大学によると、写真は大分高等女学校の運動場で行われた女子サッカーの試合で、ゴールキーパーに当たる役割の選手が存在し、クロスバーがひもで代用されている。多くの人が見物していることから、それなりに注目を集めた試合だったのではないかとみられる。

 研究グループは全国の高等女学校286校の学校史422冊を使い、戦前の女子サッカーの実施状況を調べる中、この写真を見つけた。これまでは1919、1920年に撮影され、2011年に地元の四国新聞に掲載された香川県丸亀高等女学校の女子サッカー写真が最古と考えられてきたが、それより3年古い。

 サッカーは明治時代に日本へ持ち込まれて以降、男子を中心に取り組まれていたが、大正時代に入ると高等女学校を中心に普及していたことが明らかになった。

この調査には、日本サッカー協会、東京女子体育大学、四国学院大学、北陸学院大学の研究者も加わっている。

論文情報:【体育学研究】戦前日本における女子フットボールの様相に関する歴史的基礎研究

北海道大学

産業界や地域との連携を強固に「北海道大学ならではの実学」が世界をリード

北海道大学の起源は、1876年に設立された札幌農学校に遡る。長い歴史の中で、「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」及び「実学の重視」という基本理念を掲げ、培ってきました。 この理念の下に国際的に通用する高度な学問的素養をもち、的確な判断力とリーダ[…]

東京女子体育大学

世界へ羽ばたく。体育・スポーツを基盤にし、社会に活力を与えるスペシャリストへ

2022年に創立120周年を迎える東京女子体育大学。藤村トヨの建学の精神「心身ともに健全で、質素で誠実、礼儀正しい女子体育指導者の育成」を基柢に据えて、新たな「知」の創造と活用を通じて、体育・スポーツを通した教育によって、社会を牽引する女性リーダーを育成してい[…]

四国学院大学

知を生きる場所で開花する。一人ひとりに合わせたオーダーメイド教育

四国学院大学は、教養教育カリキュラムに独自の「メジャー制度」を導入し、最初の1年間は全員が四国学院ユニバーシティ・スタディーズを学び、2年次より「20メジャー(主専攻領域)+4マイナー(副専攻領域)」から、自分が望む「学びのかたち」をつくりあげていく、オーダー[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。