医療の記事一覧

生きたウイルスのワクチンで、新型ウイルスにも有効な「広域中和抗体」が産生

 現在インフルエンザ予防のために広く使用されている「不活化ワクチン(感染性を消失させたウイルスを使用 […]

マウス多能性幹細胞から機能的な卵巣組織を再生、九州大学などが世界で初めて成功

 九州大学大学院の林克彦教授の研究グループは理化学研究所と共同で、世界で初めてマウスの多能性幹細胞か […]

運動イメージが運動技能を向上させる際の神経機能が明らかに 関西医療大学

 関西医療大学の福本悠樹助教と同学大学院 研究科長の鈴木俊明教授らは、運動イメージが運動技能を向上さ […]

ファイザーのコロナワクチン、2回目接種で抗体大幅上昇 藤田医科大学など確認

 藤田医科大学大学院保健学研究科の藤恒英嗣講師、山本康子准教授、齋藤邦明教授らの研究グループが、国立 […]

劣化した移植用臓器を体外で蘇生、「臓器灌流システム」の実用化に前進

 株式会社SCREENホールディングスと慶應義塾大学は、長時間にわたり血流が循環停止し劣化した臓器を […]

東北大学、長期健康調査の詳細三次調査を宮城県で開始

 東北大学メディカルメガバンク機構は、2013年から進めている宮城県民長期健康調査の詳細三次調査に入 […]

イベルメクチンのコロナ適用、北里大学病院が治験患者確保へコールセンター設置

北里大学病院は抗寄生虫薬「イベルメクチン」の新型コロナウイルス感染症適用で、治験患者確保のコールセン […]

「すくみ足」のあるパーキンソン病患者は歩行中に前方へ不安定で転びやすい

 歩行時に足が地面にくっついたようになって前に進めなくなる症状を「すくみ足」といい、パーキンソン病患 […]

「がんの次にこわい」 認知症に対する認識や態度を弘前大学が調査

 弘前大学大学院保健学研究科の大庭輝准教授らの研究グループが国内の大学病院に通院する患者とその同行者 […]

パーキンソン病患者と高齢者が方向転換する際の歩行特性の分析 畿央大学など

 畿央大学、慶應義塾大学、京都大学の研究グループは、パーキンソン病患者と高齢者の方向転換時の移動軌跡 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 78