医療の記事一覧

人工赤血球製剤の製造と第I相臨床試験 奈良県立医科大学が実施

 奈良県立医科大学は人工赤血球製剤の製造と第I相臨床試験(「備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の医師主導治験」)の実施 […]

妊婦の血中重金属濃度と子どもの川崎病発症リスクに関連なしとの判断 エコチル調査より

 京都大学、横浜市立大学、エコチル調査神奈川ユニットセンターの研究チームは、子どもの健康と環境に関する全国調査(以下、「 […]

子宮頸がん検診のハードル低下へ 尿中のHPVタンパク質を超高感度検出

 早稲田大学の伊藤悦朗教授と金沢医科大学の笹川寿之教授らは、子宮頸がんの前段階の患者の尿から、最大の病因となるヒトパピロ […]

紀伊半島の神経難病「牟婁(むろ)病」の病態 患者iPS細胞モデルで迫る

 慶應義塾大学と三重大学の研究で、紀伊半島に多発する牟婁(むろ)病(筋萎縮性側索硬化症/パーキンソン認知症複合:Kii […]

抗インフルエンザ薬を使った脳梗塞の根本的治療、名古屋市立大学が成功

 名古屋市立大学大学院の澤本和延教授らの研究グループは、正常な脳内を移動する新生ニューロンの間に適度な隙間が存在すること […]

日本での「好酸球性食道炎」の疾患動向、大規模データから大阪公立大学が分析

 大阪公立大学大学院の沢田明也病院講師らの研究グループは、指定難病「好酸球性食道炎」の日本での罹患率を、1500万人以上 […]

ナノ注射器を用いて1,000万個の細胞にタンパク質を導入 早稲田大学と理化学研究所

 早稲田大学の三宅丈雄教授らと理化学研究所の美川務専任研究員らは、複数のタンパク質を細胞内に高効率・高生存率で導入できる […]

順天堂大学がCUCと連携して医療ツーリズム研究を本格化

 順天堂大学と医療機関支援のシーユーシー(CUC)は4月から順天堂大学内に共同研究講座「国際診療推進研究講座」を開設し、 […]

古代人の歯石から歯周病関連の病原因子、総合研究大学院大学などが同定

 総合研究大学院大学などの研究グループは、1000年以上前のオホーツク文化期に該当する古人骨から採取した歯石を分析し、ヒ […]

ウイルス蛋白の蓄積がインフルエンザ脳症を引き起こす 大阪大学が解明

 大阪大学大学院医学系研究科感染症・免疫学講座ウイルス学の木村志保子特任助教と上田啓次教授らの研究グループは、これまで未 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 117