名古屋大学の記事一覧

血管に変わる強い生体適合性材料、名古屋大学が開発

 名古屋大学大学院工学研究科の三宅大輝博士後期課程学生、竹岡敬和准教授らの研究グループは、血液と接触する医療器具などに利 […]

新型コロナ流行により子どもはバランス能力が低下しやすい、名古屋大学が調査

 名古屋大学大学院の杉浦英志教授らの研究グループは、新型コロナウイルス流行前と流行中に子どもの運動器健診で縦断調査を実施 […]

タンパク質設計問題を解決する数学公式を名古屋大学が発見、圧倒的な高速化を実現

 名古屋大学大学院の高橋智栄博士後期課程学生らの研究グループは、シミュレーションや実験をせずにタンパク質設計をするための […]

「THE世界大学ランキング2023」発表、東京大学が4ランクダウンで39位に

 イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE)」は、日本時間の10月12日、2023 […]

低周波騒音の音成分に血流改善効果、名古屋大学が発見

 名古屋大学大学院の鄧雨奇大学院生らの研究グループは、低周波騒音に含まれるヒトの皮膚血流を改善できる音成分を発見した。健 […]

空飛ぶクルマの騒音は小さくなっても無意識ではストレス、名古屋大学などが実験

 名古屋大学大学院の原進教授らの研究グループは慶應義塾大学と共同で、空飛ぶクルマの頭上飛行を体感できる装置を用い、騒音と […]

マイナビ進学総合研究所、高3対象に初めて「大学認知度・イメージ調査」を実施

 株式会社マイナビが運営する高校生の進路選択に関する調査研究・情報発信専門サイト『マイナビ進学総合研究所』は、全国の20 […]

新型コロナ感染者の隔離終了時期を検証するシミュレータ、名古屋大学などが開発

 名古屋大学大学院の岩見真吾教授は、米国インディアナ大学の江島啓介助教らとの共同研究で、抗原検査により新型コロナウイルス […]

摂食障害の発症リスクにシナプス関連遺伝子のコピー数変異が関与か 名古屋大学

 名古屋大学などの研究者らは、ゲノムコピー数変異(CNV)が摂食障害の発症リスクに関与することを初めて明らかにした。

原因不明の習慣流産患者の胎盤組織から特徴的なDNAメチル化様式を確認

 名古屋大学と名古屋市立大学の研究グループは、原因不明習慣流産患者の絨毛(胎児由来)において、DNAメチル化様式が正常妊 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 29