慶應義塾大学の記事一覧

乳がんタモキシフェン療法の遺伝子型に基づく個別化治療は不要、臨床試験で確認

 国立がん研究センター、慶應義塾大学、理化学研究所の研究グループは、乳がんタモキシフェン療法における […]

子供のメディア視聴は知覚バイアスと微細運動機能に影響しない 畿央大学ほか

 畿央大学の信迫悟志准教授らの研究チームは、武庫川女子大学、慶應義塾大学と共同で、学童期の子どものメ […]

セサミンによる抗炎症機能の一連の分子作用が明らかに 慶應義塾大学など

 慶應義塾大学と東京医科大学のグループが、ゴマの有効成分であるセサミンの抗炎症効果に関する分子的な作 […]

世界初、抗老化候補物質「NMN」のヒトへの安全投与を確認 慶應義塾大学

 慶應義塾大学の伊藤裕教授らと米国ワシントン大学の研究グループは、抗老化候補物質として期待されるニコ […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 22