慶應義塾大学の記事一覧

慶應義塾大学、エシカル畜産業目指し南阿蘇村などと連携協定

 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科は熊本県南阿蘇村、熊本県畜産農協連合会と「くまもとあか牛」の産業支援を通じてエ […]

新型コロナウイルス感染拡大下の就業者の意識実態 継続調査の第7回結果を報告

 慶應義塾大学経済学部の大久保敏弘教授とNIRA総合研究開発機構は、新型コロナウイルス感染症拡大下の日本においてテレワー […]

慶應義塾大学とYahoo!JAPAN、世の中の気分をAIで可視化「全国ムード指数」を公開

 慶應義塾大学SFC研究所の上席所員大越匡准教授(環境情報学部)とヤフー株式会社で先進的なビッグデータ・AI技術の研究開 […]

VR空間でロボットアームを自身の新たな身体部位のように知覚できることを確認

 生まれ持った身体とは別に、人工的に設計された余剰肢を付加することで身体機能の拡張を目指す「余剰肢ロボティクス」では、余 […]

見逃し配信の見逃し防止、慶應義塾大学とTVerが共同研究入り

 民放公式テレビ配信サービスのTVer(ティーバー)は、慶應義塾大学経済学部の星野崇宏教授と共同で、見逃し配信を見逃さな […]

慶應義塾大学、簡単な脳波計測で軽度の認知障害を早期発見

 慶應義塾大学理工学部の満倉靖恵教授、グローバルリサーチインスティチュートのブライアン・スマリ特任講師らの研究グループが […]

声出し応援のコロナ感染リスク、ウレタンマスクで増加

 産業技術総合研究所がスポーツイベントでの声出し応援が新型コロナウイルスをどれだけ感染させるかについてリスク評価したとこ […]

全く新しいステントを開発、ガン患者の苦痛を緩和

 東京都立産業技術研究センターは、東京医科大学、福井大学、慶應義塾大学と共同で、世界初の機能を持つ「ステント1」を開発。 […]

巣にこもって単独育児を行う女王アリの内部構造変化 玉川大学など解明

 多くのアリにおいて、新しいコロニーの創設段階では、女王が単独で巣にこもって産卵し、ワーカー(働きアリ)を育て上げなけれ […]

日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患後症状の実態 慶應義塾大学が調査

 慶應義塾大学などのグループは、日本においてこれまでで最大規模(1,066例)の新型コロナウイルス感染症(以下、COVI […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 36