畿央大学の記事一覧

パーキンソン病患者の長期理学療法は有効、畿央大学がエビデンス検証

 畿央大学の岡田洋平准教授は、日本全国の研究者と共同でシステマティックレビュー、メタアナリシスを行う […]

日本初、乳がん術後のQOL向上を支援する「使い捨て入浴着」を開発 畿央大学

 畿央大学健康科学部人間環境デザイン学科 村田浩子教授、小松智菜美助手、村田ゼミの学生らの研究グルー […]

要介護状態のリスクに1.7倍も地域内格差、畿央大学が大規模調査

 畿央大学理学療法学科の松本大輔准教授、高取克彦教授は、要介護状態になるリスクが特に高い後期高齢者を […]

「すくみ足」のあるパーキンソン病患者は歩行中に前方へ不安定で転びやすい

 歩行時に足が地面にくっついたようになって前に進めなくなる症状を「すくみ足」といい、パーキンソン病患 […]

パーキンソン病患者と高齢者が方向転換する際の歩行特性の分析 畿央大学など

 畿央大学、慶應義塾大学、京都大学の研究グループは、パーキンソン病患者と高齢者の方向転換時の移動軌跡 […]

慢性腰痛患者の体幹制御異常、日常生活環境でより顕著に 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の西祐樹氏と同学の森岡周教授らは、慢性腰痛患者では歩行時の体幹の変動性や […]

痛みへの恐怖が脳の運動プログラム中枢に活動異常をもたらす 畿央大学

 ヒトは痛みを怖がると身体をうまく動かせなくなることが多くの研究で明らかになっており、これは運動をプ […]

運動に伴う痛みの恐怖は運動制御を緩慢化させる 畿央大学と東京大学

 筋骨格系の障害を持つ患者さんは、何かの動作のたびに繰り返し痛みを経験することで、運動に対する恐怖を […]

「疼痛律動性」の評価に基づく治療介入が慢性疼痛患者に好影響 畿央大学

 近年、日内で慢性疼痛の強度が変動する「疼痛律動性」の存在が報告されている。 このような慢性疼痛の日 […]

サーマルグリル錯覚が惹起する痛みと、脳卒中後・脊髄損傷後の痛みの類似性

 温かい棒と冷たい棒が交互に並べられているグリルに手を置くと、本当は熱くないはずなのに、熱さや痛みを […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 5