畿央大学の記事一覧

痛みの性質、強度、部位が慢性腰痛患者の筋活動分布を変化させる 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの重藤隼人客員研究員らのグループは、痛みの性質によって、その痛みの強度・ […]

畿央大学、手先が不器用な子どもの把持力制御の特徴を報告

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの西祐樹客員研究員らのグループは、手先が不器用な子どもが物体を持ち上げて […]

脳卒中者の補足運動野への経頭蓋直流電気刺激が歩行パフォーマンスにも影響 畿央大学

 畿央大学の研究で、補足運動野への経頭蓋直流電気刺激(tDCS)を併用した歩行トレーニングによって、脳卒中患者の歩行安定 […]

恐怖文脈により「偽物の腕」でも身体所有感が増し、痛みも増幅 畿央大学

 恐怖を生じさせる言語情報を与えられると、偽物の手に対しても主観的な身体所有感が増加するとともに、その増加の程度が大きい […]

長期理学療法と有酸素運動が神経障害性疼痛の痛みを軽減 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの佐藤剛介客員准教授ら は、長期間の理学療法(有酸素運動)が脊髄損傷後の […]

障害者支援施設での運動への動機づけにソーシャルサポートが強く関連、畿央大学が分析

 畿央大学大学院の乾康浩氏(博士後期課程)と森岡周教授らは、障害者支援施設における運動への動機づけに関係する要因について […]

脳卒中患者の歩行の時間的非対称性を改善すると筋シナジーにも影響 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の水田直道氏と森岡周教授らは、脳卒中患者の歩行時における時間的非対称性が筋シナジーと関連する […]

腰痛就労者の体幹運動制御障害の要因は「恐怖心」、畿央大学が解明

 畿央大学大学院の藤井廉氏(博士後期課程)と森岡周教授らは、腰痛を有する就労者を対象に作業動作中の体幹の運動パターンと痛 […]

痛み強度と中枢性感作関連症状が相関しない特徴的な患者群の存在を確認 畿央大学

 痛みは、ときに組織や神経の損傷の程度から予想されるよりも広い範囲で強く生じたり、疲れやすさや不眠、記憶力の低下、気分の […]

脳卒中患者の「筋シナジー」の異常パターンと歩行特性との関連を解明 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の水田直道氏と森岡周教授らは、脳卒中患者の歩行時における筋シナジーの異常パターンから3つのサ […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 7