畿央大学の記事一覧

感情伝達困難な負傷競技者は不適応な反応を起こしやすい、畿央大学が調査

 畿央大学の辰巳智則教授は、負傷競技者の感情調整行動に影響を与える個人差についての調査から、感情伝達困難さの傾向が強い負 […]

畿央大学が開発、脳卒中後の痛みの性質からリハビリによる予後を予測するAIに特許

 畿央大学大学院健康科学研究科の大住倫弘准教授と冬木正紀准教授が発明した、脳卒中リハビリテーションの結果予測AIの特許が […]

動摩擦情報をフィードバックするリハビリ装置が手の感覚運動機能障害を改善 畿央大学

 畿央大学理学療法学科4年生の淡路彩夏さん、同大学の渕上健客員研究員と森岡周教授らは、脳卒中後、感覚運動機能障害により上 […]

段階的理学療法により脊髄小脳失調症患者の姿勢バランスが改善、畿央大学が症例報告

 畿央大学の研究チーム(理学療法学科4年の岩佐しおり氏、博士後期課程の赤口諒氏、森岡周教授ら)は、摂南総合病院と共同で、 […]

外傷性脳損傷後の両眼性複視に対する眼球運動訓練の治療効果、畿央大学が確認

 岸和田リハビリテーション病院の中村兼張氏と畿央大学の渕上健客員研究員、森岡周教授らは、両眼性複視に対する眼球運動訓練の […]

痛みを人のせいにする認知過程を畿央大学が解明 自由意志による行為かどうかで原因帰属が変化

 臨床の場では、しばしば「この痛みは私のせいで起こったんじゃない」「あの先生のせいでこの痛みがあるんだ」など、自分が引き […]

亜急性期脳卒中患者の麻痺側上肢の使用頻度の傾向、畿央大学などが分析

畿央大学と岸和田リハビリテーション病院の研究グループは、上肢麻痺の評価であるFMAとMALに関し、FMAの上肢項目(FM […]

サーマルグリル錯覚が過敏になる脳損傷領域を解明 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の松田総一郎氏と大住倫弘准教授らの研究により、 サーマルグリル錯覚の過敏さが視床外側周囲の損 […]

臨床以外でも活躍する理学療法士が語る!畿央大学開学20周年イベント「PTの歩き方」を12月3日に開催

 畿央大学理学療法学科では、開学20周年記念事業として、講演会「PTの歩き方~PTが輝けるNew Spotを見つける旅~ […]

畿央大学、開学20周年記念イベント「看護におけるリフレクション」を12月2日に開催

 畿央大学看護医療学科では、開学20周年記念事業として、「看護におけるリフレクション」をテーマに講演会と意見交換会を20 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 11