畿央大学の記事一覧

運動に伴う痛みの恐怖は運動制御を緩慢化させる 畿央大学と東京大学

 筋骨格系の障害を持つ患者さんは、何かの動作のたびに繰り返し痛みを経験することで、運動に対する恐怖を […]

「疼痛律動性」の評価に基づく治療介入が慢性疼痛患者に好影響 畿央大学

 近年、日内で慢性疼痛の強度が変動する「疼痛律動性」の存在が報告されている。 このような慢性疼痛の日 […]

サーマルグリル錯覚が惹起する痛みと、脳卒中後・脊髄損傷後の痛みの類似性

 温かい棒と冷たい棒が交互に並べられているグリルに手を置くと、本当は熱くないはずなのに、熱さや痛みを […]

後期高齢者の「フレイル」脱却要因を解明、畿央大学が日本初の大規模調査

 加齢とともに心身が老い衰えた状態は「フレイル」と呼ばれ、要介護状態に陥る危険性が高いが、早く介入し […]

柿タンニン(柿渋)が潰瘍性大腸炎モデルマウスの症状改善に有効

 奈良県立医科大学免疫学講座の伊藤利洋教授、畿央大学健康科学部健康栄養学科の栢野新市教授、松村羊子教 […]

確率共鳴現象で発達性協調運動障害児の手先の不器用さ改善、畿央大学などが検証

 畿央大学の信迫悟志准教授らは、武庫川女子大学、明治大学、慶應義塾大学と共同で、コンパクトな確率共鳴 […]

畿央大学、コロナを跳ね除け6年連続で理学療法士国家試験に全員合格

 畿央大学健康科学部理学療法学科では、2021年3月の卒業生61名全員が、2月に実施された第56回理 […]

抗重力姿勢において前庭脊髄路興奮性が増大することを解明 畿央大学

 座位や立位のような重力に抗した姿勢(抗重力姿勢)を保つとき、ヒトでは前庭脊髄路という神経経路が抗重 […]

他者との目的共有は、運動精度と行為主体感を増幅させる 畿央大学

 人間社会において、他者との協力動作は不可欠だ。しかし、他者との協力動作を円滑に行うために、自己と他 […]