アトピー性皮膚炎の記事一覧

日本人のアトピー性皮膚炎の発症年齢の遺伝基盤を解明

 理化学研究所の寺尾知可史チームリーダー(静岡県立大学特任教授)らの研究グループは、東京大学大学院と共同で2021年に発 […]

長引くかゆみの原因は何回も引っかくと増えるタンパク質、九州大学などが発見

 九州大学大学院、岡山大学、ジョンズ・ホプキンス大学(米国)の研究グループは、かゆい皮膚を繰り返し引っ掻くことにより神経 […]

妊婦の世帯年収が子のアレルギー疾患に関係、山梨大学エコチル調査

 妊婦の世帯年収が平均より低いと気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎が増え、平均より高いと食物アレルギーが多くなることを、山 […]

“敏感肌”の異常な皮膚感覚、防腐剤や大気汚染物質で神経が過敏に変化か

 順天堂大学と株式会社ファンケルの共同研究チームは、防腐剤や大気汚染物質が皮膚の感覚異常(ピリピリ、チクチクした刺激やか […]

アトピー性皮膚炎患者の尿中で濃度が上昇、新たなバイオマーカーに期待

 東京大学と国立成育医療研究センターの研究で、アトピー性皮膚炎で特有の尿中脂質の濃度上昇が認められることがわかり、アトピ […]

アトピー性皮膚炎は10~12月生まれが発症率高い、山梨大学が調査

 山梨大学の横道洋司准教授らの研究チームは、子どもの生まれた月とアトピー性皮膚炎発症率との関係を調べた結果、秋から冬、特 […]

アトピー性皮膚炎のかゆみ物質を抑制する化合物、開発成功

 九州大学と東京大学の研究グループは、アトピー性皮膚炎の主要な痒み惹起物質であるIL-31の産生を選択的に抑制する低分子 […]

アトピー性皮膚炎のかゆみ改善に「タンニン酸配合入浴剤」が有効

 タンニン酸を配合した入浴剤が、アトピー性皮膚炎患者の痒み抑制に有効であることを、広島大学と株式会社バスクリンが共同研究 […]

アトピー性皮膚炎の新薬「ネモリズマブ」、治験で有効性を確認 京都大学

 京都大学の研究グループは、アトピー性皮膚炎の新規治療薬「ネモリズマブ」の第Ⅲ相臨床試験(比較試験)を実施し、中程度から […]