パーキンソン病の記事一覧

日常的身体活動と運動習慣がパーキンソン病の進行を長期的に抑制 京都大学

 日本でも15~20万人の患者がいるとされるパーキンソン病では、数々の症状を改善するための対症療法は存在するものの、疾患 […]

ドーパミン欠乏で人やマウス・線虫に同じ運動障害、大阪大学などが発見

 大阪大学、同志社大学、名古屋市立大学、岡山大学の共同研究グループは、異なる種の移動行動データを統合的に分析できる人工知 […]

パーキンソン病患者の長期理学療法は有効、畿央大学がエビデンス検証

 畿央大学の岡田洋平准教授は、日本全国の研究者と共同でシステマティックレビュー、メタアナリシスを行うことにより、疾患早期 […]

「すくみ足」のあるパーキンソン病患者は歩行中に前方へ不安定で転びやすい

 歩行時に足が地面にくっついたようになって前に進めなくなる症状を「すくみ足」といい、パーキンソン病患者でみられる特徴的な […]

パーキンソン病患者と高齢者が方向転換する際の歩行特性の分析 畿央大学など

 畿央大学、慶應義塾大学、京都大学の研究グループは、パーキンソン病患者と高齢者の方向転換時の移動軌跡と足接地位置の特性に […]