交通事故の記事一覧

千葉商科大学、自動車などの制限速度を表示・警告する装置の特許取得

 千葉商科大学は、学長プロジェクトの一環として組織された「SoftMobility ※CUC Team」の小栗幸夫千葉商 […]

高齢運転者のブレーキ踏み間違い、脳活動に原因の一端

 名古屋大学大学院情報学研究科の川合伸幸教授らの研究グループが、信号の色や形に合わせて手足を反応させる実験をしたところ、 […]

「まぶしい!」ときの脳波の計測に成功、静岡大学などが共同研究

 静岡大学情報学部の宮崎真研究室は、スズキ株式会社、上武大学との共同研究により、強い光を受けて「まぶしい」と感じていると […]

モバイル型ロボット「ロボホン」が高齢者を運転支援、名古屋大学が実証実験へ

 名古屋大学未来社会創造機構とシャープ、名古屋大学発ベンチャーのポットスチルは、シャープのモバイル型ロボット「RoBoH […]

春の交通安全運動、キャンペーン効果は限定的 筑波大学が調査

 筑波大学医学医療系の市川政雄教授らの研究グループが春の全国交通安全運動のキャンペーン効果を調べたところ、交通事故による […]

脳腫瘍の摘出前後で感情や感覚が変わるメカニズムの一端が明らかに

 脳卒中や交通事故によって脳の構造に大きな変化が生じると、場合によっては人格の変容が生じるなど、脳領域と心の機能には関係 […]

交通手段シフトで死亡・重症率減少、筑波大学が地域レベルで初実証

 自転車通学の中学生が豪雪期間中に公共交通機関や自家用車に交通手段を切り替えることで交通死亡・重傷率が68%低下すること […]

最高速度30キロ以下の区域規制、重傷事故予防に効果 筑波大学が検証

 筑波大学医学医療系の市川政雄教授らの研究グループが全国の生活道路で指定が進んでいる「ゾーン30」(最高速度30キロ以下 […]