数学の記事一覧

“インドア派”と“アウトドア派”によるウイルスたちの2つの繁栄戦略

 ウイルスは一般に、感染した細胞内で自身を複製するとともに、子孫粒子となって新たな細胞に感染すること […]

青山学院大学理工学部物理・数理学科が「物理科学科」「数理サイエンス学科」に改編

 2021年4月、青山学院大学では理工学部 物理・数理学科を「物理科学科」「数理サイエンス学科」の2 […]

神経細胞の成長を説明する数学モデルを、中部大学が開発

 中部大学創発学術院の津田一郎教授と渡部大志研究員らは、脳などのニューロン(神経細胞)が複雑な網目構 […]

統計教育の実効性向上へ、大学入試の出題範囲見直しを 日本学術会議が緊急提言

 日本学術会議は新学習指導要領下の算数・数学教育で統計に関する十分なリテラシーを育てられないとする緊 […]

「忘れられた科学」数学に関する国際比較、日本は論文数で世界9位

 文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、2006年5月、日本を含む主要国の数学研究を […]

慶應義塾大学の大学院生が発見、世界でたった一組の三角形

 慶應義塾大学大学院理工学研究科KiPAS数論幾何グループの平川義之輔博士課程生(3年)と松村英樹博 […]

「遺伝子調節ネットワーク」の振る舞いを数学的理論で制御 京都大学

 生物の体の基本単位である細胞の活動は、生体分子の活性から生み出される。こうした細胞内外の生体分子は […]

気孔はなぜ1対の細胞で囲まれるのか 異分野融合研究により九州大学が解明

 九州大学大学院医学研究院の三浦岳教授をはじめとする共同研究グループは、植物の気孔を形作る細胞がたっ […]

経産省が理工系人材の需給状況調査、5年後に技術者不足が予想される分野とは

 経済産業省は、理工系人材需給状況について、企業、社会人にアンケートを実施し、調査結果を公表した。機 […]

中部大学教授による31年前の数理モデルをブラジルの数学者らが証明

 中部大学の津田一郎教授が1987年に提案した数理モデルが、海外の数学者らによって証明された。このモ […]
  1. 1
  2. 2