歯科医療の記事一覧

金属製に代えて樹脂製の被せ物がすべての歯に適用できる可能性 東北大学が報告

 歯科治療に用いる金属製の歯の被せ物には、金属アレルギーや審美性低下の問題などがある。また、最近では貴金属の価格高騰によ […]

歯槽骨に穴を開けて移動を促進 加速矯正治療のメカニズムを東北大学が解明

 東北大学大学院の金城里阿大学院生らの研究グループは、モデルマウスの歯槽骨に微小な穴を開けることで、誘発された組織代謝が […]

歯を失うと認知症に、男性は人との交流・女性は果物野菜の摂取が影響 東北大学が調査

 東北大学大学院の小坂健教授らの研究グループは、調査の結果、歯の喪失と認知症発症との間に有意な関連が見られ、その関連を友 […]

パラジウムを含む歯科金属治療がアレルギーを誘導するメカニズムの解明

 東北大学と札幌医科大学の研究グループは、歯科治療に用いられるパラジウムによる金属アレルギー誘導機構を明らかにした。

「緑」茶飲み友達が多いと歯が多く残る 東北大学が高齢者2.4万人を調査

 緑茶にはカテキンやフッ素が含まれるため、むし歯や歯周病を予防して歯の喪失を食い止める可能性を持つことが指摘されているが […]

大学時代に増えやすい「むし歯」 岡山大学が追跡調査で細菌叢を解析

 岡山大学が大学生におけるむし歯の増加に着目し、唾液中に含まれる細菌叢とむし歯の増加との関連を解析したところ、むし歯が増 […]

義歯の安定性向上や歯周病改善が期待できる革新的技術、東北大学が開発

 東北大学の鎌倉慎治教授らのグループは、歯科治療等で行われる骨造成のための生体材料の作製方法を改良し、生体材料のみで骨造 […]

「歯科診療認識AIチェアユニット」大阪大学とモリタが開発開始

 大阪大学歯学部附属病院、株式会社モリタ、株式会社モリタ製作所は、歯科診療におけるIoTセンシングデータと膨大な診療中の […]

植物由来成分に歯周病の予防効果、新潟大学と小林製薬が発見

 新潟大学大学院歯学総合研究科の日吉巧歯科医師、土門久哲准教授、寺尾豊教授と小林製薬中央研究所は、植物由来成分のヒノキチ […]

歯周病がアルツハイマー型認知症に関与するメカニズム 九州大学が発見

 九州大学などの研究グループは、アルツハイマー型認知症でみられる脳内老人斑の主成分「アミロイドβ(Aβ)」が、ヒトの歯周 […]
  1. 1
  2. 2