iPS細胞の記事一覧

iPS細胞由来神経幹細胞の移植で脊髄損傷から改善する仕組み、慶應義塾大学が解明

 慶應義塾大学の岡野栄之教授らの研究グループは、脊髄損傷マウスに対するヒトiPS細胞由来神経幹/前駆細胞移植における移植 […]

ヒトiPS由来の移植細胞の刺激が脊髄損傷治療に効果、慶應義塾大学が確認

 慶應義塾大学の岡野栄之教授らを中心とした研究グループは、脊髄損傷マウスにヒトiPS由来細胞を移植し、「人工受容体」によ […]

男性ホルモンを作る細胞を神戸大学がiPS細胞から作製、男性更年期障害治療に光

 神戸大学大学院の青井貴之教授らの研究グループは、ヒトiPS細胞から男性ホルモン(テストステロン)を産生するライディッヒ […]

京都大学などがヒトiPS細胞由来の腱細胞をラットに移植、機能回復を確認

 京都大学と日本医療研究開発機構は、ヒトiPS細胞から腱細胞を分化誘導してアキレス腱断裂したラットに移植し、機能回復を確 […]

ダウン症児の脳の正常発達を乱す遺伝子を大阪大学が発見

 大阪大学医学部附属病院の川谷圭司医員、北畠康司准教授らの研究グループは、ゲノム編集技術をヒトiPS細胞に駆使し、ダウン […]

卵子の遺伝子群を九州大学などが同定、卵細胞質の大量作製に成功

 九州大学大学院の林克彦教授らの研究グループは、理化学研究と共同で、マウスの卵子をかたち作る遺伝子群を同定した。また、こ […]

未分化iPS細胞だけ除去、再生医療で腫瘍形成の抑制に慶應義塾大学などが成功

 慶應義塾大学医学部の遠山周吾特任講師らの研究グループは、株式会社リピドームラボとの共同研究により、ヒトiPS細胞由来の […]

iPS細胞利用の移植医療に適した移植モデル、北海道大学が開発に初めて成功

 北海道大学遺伝子病制御研究所の清野研一郎教授らの研究グループは、iPS細胞を利用した移植時に起こる免疫反応を再現するマ […]

iPS細胞から万人に輸血可能な“ユニバーサル”血小板を作製

 血小板輸血患者の5%程度に起こる「血小板輸血不応症」では、血小板の型(HLAクラスⅠ)が合致しないと拒絶されてしまう。 […]

双極性障害・統合失調症に共通する神経細胞の異常を発見 慶應義塾大学など

 双極性障害および統合失調症の患者由来のiPS細胞を用いた研究で、両疾患に共通して神経細胞の形態に異常が生じることが見出 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6